ホリエモン直伝!「ハマる」技術が痛烈だった件

こんばんは!

本田です。

今回は最近読んだ読書日記を
書かせていただきますね。

特にブログ等の記事を書いていて、

「なんかやる気でないな〜」

とか思うことが多い方は
何か気付きになるかも知れません。

ホリエモンの「ゼロ」を読んで

先日、ホリエモンこと
堀江貴文さんの少し前に
出版された著書、

「ゼロ」

を読みました。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478025800/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4478025800&linkCode=as2&tag=honmasa001-22

堀江さんと言ったらビジネスを
やっている人のみならず、
日本中の人が知っている、
そんな超有名人です。

スクリーンショット 2016-06-07 23.45.31

世間的にはフジテレビの
買収騒動等で世間を驚かせ、

「金の亡者」

というレッテルを貼られている
雰囲気がやや強めのようですが、

個人的に僕は、
堀江さんの著書等を読んで、

そのビジネスに取り組む姿勢や、

常識に縛られないものの考え方、
そして圧倒的な行動力等、

非常に共感するところがあります。

で、その「ゼロ」の中で、

“人は

「仕事が好きだから、営業に没頭する」

のではない”

“順番は逆で、

「営業に没頭したから、仕事が好きになる」

のだ”

ということを書かれていました。

営業が好きな人は最初から営業が
好きだったわけではなく、

営業に没頭するという経験を
したから営業が好きになったと。

心の中で「好き」という感情が
生まれる前に必ずその対象に
”没頭”するステージがあると。

トレンドブログにこれを当てはめると、
とにかくネタを探す、記事を書くことに
没頭していくなかで、

いつの間にかブログを書くことが
好きになる。

ブログ記事を書くことが
好きになったら、

ブログで稼ぐのは簡単になると。

そういうわけですね。

さすがホリエモンです。

「没頭」するってどうすれば?

仕事も没頭すれば好きになると。
ブログも没頭すれば好きになると。

でもここであなたも
気になると思うんですね。

「その“没頭”ってどうすんのさ〜」

と。

あなたもきっと、
中学や高校の頃に部活や
勉強に没頭していた経験って
あるかと思います。

でも大人になってから仕事以外で
没頭出来ることってなかなか無い
かも知れません^^;

仕事も嫌々やっていれば、
没頭というのは難しいかも
知れませんね。

ではどうすれば没頭出来るのでしょう。

これについて、「ゼロ」では、

“自分でルールを作ること”

という風に書かれていました。

要は、

「マイルールを作る」

ということです。

例えば僕の場合、

トレンドブログを始めた当初は
誰に言われるでも無く、

「1日5記事以上書く」

ということを決めていました。

もしどうしても3記事しか
書けなかった場合には、

次の日には7記事を書いて、
埋め合わせをする、

それくらいマイルールは
徹底して実行していました。

それくらい没頭していたら
やっぱり嫌でも稼げるように
なるわけで、

稼げるようになれば、
楽しくもなってきます。

マイルール

→没頭

→好きになる

この流れをしっかりと
踏んでいたわけですね。

もしそれだけ没頭していれば、
トレンドブログについて
色んな事が発見できるし、

ブログを書くことも
好きになると思うんですね。

よくマニュアルとかに
書いてあることを
そのままやって、

「マニュアル通りやったけど稼げません」

という人はマイルールを
作っているとは言えません。

「マニュアル」が言ったことを
そのままやっているだけです。

それだとやはり没頭出来ません。

そうではなく、その内容を
自分なりに噛み砕いて、
マイルールを作ると。

是非このブログを読んでくれてる
あなたも受身にならずに、
自分自身のルールを設けて、

ドンドン行動していって
見て下さい♪

きっととんでもなく
成長していくと思いますよ!

それでは!

本田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">