高級ホテルで目標を立てると必ず達成できる!?検証してみた!

sukusho-2016-12-07-10-27-31

こんにちは!
本田です。

12月に入り今年も残りあとわずかです。

昨日まで僕の師匠であるじゅんさんが運営するコミュニティの福岡勉強会に参加するために福岡にいました。

 

そして今は実家の鹿児島に帰省しています^^

久々の鹿児島中央駅のイルミ、また格段にレベルが上がっているような・・・

sukusho-2016-12-07-10-07-27

上京してからもう4年近くになりますが、
最近は少し経済的にも余裕ができてきて、
2ヶ月に1回は九州に来ていますね^^

今年の年末年始は久々に実家で過ごすことができそうです^^

来年の目標はもう立てましたか?

今回の福岡勉強会の中で僕の師匠が話していたことの中で、とても印象的だったことを今回はシェアしたいと思います。

それは、

「来年の目標は12月の間のなるべく早い時期に決めた方がいい」
「そしてその時は普段泊まらないような高いホテルでやった方がいい」

という話でした。

その年の目標設定って1月に入ってから決める人がほとんどだと思います。
でもそれだともう新年は始まってしまっています。

結局1年の通しの目標なのに1月の終わり頃に決めて残り11ヶ月・・・

これだと非常に勿体無いですよねw

1ヶ月の差ってかなり大きいです。

なので年をまたぐ前にしっかりと目標を立てて、1年でギリギリ達成できる
目標を立てるのが有効ですね。

そしてもう一つじゅんさんがおっしゃられていたことが、

「目標設定の時には普段泊まらないような場所で」

という話でした。

正直僕は

「ネカフェでも楽園」

と思うくらいどこでも泊まれるし、野宿も何回もやってます。

 

なので“高級ホテルに泊まる”という発想がこれまで1ミリもありませんでした。

 

ただ、

それが師匠であるじゅんさんのアドバイスとなれば聞かないわけにはいきません。

ということで勉強会中に

 

「福岡 高級ホテル」

で検索した時にサイトの中で上位に来ていて、オーシャンビューがとても綺麗な

「ヒルトン福岡シーホーク」

というホテルの予約をしました。

外観はこんな感じ。

sukusho2016-12-07-7-24-44

(http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/146803/146803.html)

そしてただ泊まるだけでは面白くないので、30階以上高層階となる

「エグゼクティブフロア」

なるものに宿泊することに。

お部屋の内装はこんな感じでした。

img_9829

(自分で撮った)

そこで一晩かけて2016年の反省と2017年の目標を考えていました。

泊まってみての感想を率直にいうと、

 

“多少無理してでもやってよかった”

と強く強く感じました。

決して軽くポンと出せる額では無いし前日予約でしたので早めに予約とかしてればもっと安く泊まる方法はあったと思います。

(というか正規料金より絶対高いw)

もちろん超一流のホテルでお部屋もとても綺麗だし、ラウンジなども料理はむちゃくちゃ美味しかったです。

sukusho-2016-12-07-10-27-31

 

(http://www.weddingpark.net/magazine/7183/)

コンシェルジュの方の対応も丁寧すぎてそんな対応に慣れていない自分にはむちゃくちゃくすぐったかったです笑

 

ただ、ホテルに泊まること云々の他に一流の環境に触れることで自分の中の意識が変わって、

「もっとこういう一流のものに触れられる機会を増やしたい」

と率直に感じました^^

これは口からただ言っているとかではなくて、内側の深いところから来る意識の変化ですね〜

そんな非日常の環境ですので、部屋での目標設定作業もモチベーション爆上げですw

意識が高くなっているので目標もそれに比例して高くなりますw

(脳内のドーパミンが出てインフラ気味ですw)

なのでまだあまり自分に自信が無くて、

“来年こそは人生を変えるような1年にしたい!”

と思われる方には

「一流ホテルで缶詰で目標設定」

を強く強くオススメしたいと思います^^

やらないと絶対にわからない感覚ですので^ー^

ということで報告でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">