トレンドブログ運営は無料ブログよりも有料のオリジナルブログが有利!?

dd828a65fe26f1f20726c541b28919e6_s

トレンドブログを運営する上で
最初に重要となる問題として、

無料でやるか有料でやるか

というところで悩むことだろうと思う。

巷にはso-netブログ、seesaaブログなど
無料から始められるブログサービスが沢山
存在している。

せっかく無料で出来るんだから、わざわざ
有料でやる必要ないんじゃね?

そもそも本当に報酬が入るか不安だし、
まずは無料から・・・

そう思われる方もいらっしゃるかも
知れないですが、

1年半近くトレンドブログを実践してきた
私の意見としては、

断然、有料ブログの方がいい

という意見です。

有料でやるというのは、

独自にサーバーを借り、
独自にドメインを取るということ。

ドメインを取るとかやや難しい気もするが、
無料よりも有利というのはどういうことか、
ご説明したいと思う。

無料ブログのメリットとデメリット

dd828a65fe26f1f20726c541b28919e6_s

この記事ではトレンドブログを運営する方法の中で、
無料で行う方法と有料で行う方法の、
メリットとデメリット
についてお話したいと思います。

それぞれに一長一短がありますので、

両者を天秤にかけて判断して
いただきたいと思います。

特に初期段階では、
それぞれのメリットとデメリットが
はっきりしていますので、

まずはそこからわかりやすく
解説をしていきますね。

まず無料で行う方法についてです。

無料で行う方法は、
無料ブログサービス
を使った方法です。

先ほど述べたようにネット上には無料の
ブログサービスが数えきれないほど
あります。

他のトレンドブログのレポートなどを見てみると、
so-netブログやseesaaブログを推奨している
ものもありました。

他にもfc2ブログやアメーバブログなどは有名
どころだと思います。

無料ブログということで、そのメリットは
やはり

無料で始められる

ということが最も大きなメリットであると思います。

特に初心者の方からすれば、
トレンドブログで報酬が本当に発生するのか、
最初は不安かと思います。

そんな中でいきなりお金を払ってブログを
始めるというのも勇気が要ることでしょう。

そういう理由から初めはお試しのつもりで
無料ブログから始める方法を推奨している
教材などもあるみたいです。

また無料ブログのメリットとしてもう一つ、

インデックスが早いため、すぐに記事が
ネット上に表示される

というものもあります。

「インデックス」というのは
わかりやすく言えば、

検索エンジンに認識されること

と言い換えたりすることも出来ますが、

無料ブログを運営したことがある方なら
お分かりかと思いますが、

記事をアップしたらすぐにネット上に
描いた記事が表示されるかと思います。

その為、すぐにアクセスを集めたい場合には、
無料ブログで記事をアップした場合、

上手くいけばアップした瞬間からアクセスが
集まるようになる。

では、その一方でデメリットはなんでしょう。

無料ブログサービスの性質上、管理権が自分に無い為に、

ブログ会社の都合で突然ブログを理不尽に
削除される可能性がある

ということです。

よくアメブロとかを運営している人で、
規約に触れる表現やコンテンツなどを
アップした場合に削除された

という話を聞きますが、あれのことですね。

せっかく一念発起してブログの記事を書きためて
来たのにある日突然ブログを削除したら、
泣くに泣けないと思います。

そういう意味では、ブログを使って長期的に
稼ぐとなれば、

無料ブログは適さない

というのが私の考えです。

オリジナルブログのメリットとデメリットについて!

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s

それでは続いて有料のブログ、
「オリジナルブログ」
のメリットとデメリットについて
ご紹介したいと思います。

まずブログを有料で利用するというのは、

ドメイン(ネット上の住所)を取得し、
サーバー(ネット上の建物)を借りて作った、

自分専用のブログ

を言います。

私自身も現在運営しているトレンドブログは
このオリジナルブログですし、

トレンドブログで稼いでいる実践者の方も
ほとんどがこのオリジナルブログを利用
されているかと思います。

ちなみにこのブログ自体もオリジナルブログを
使用しています。

ではオリジナルブログのメリットは何でしょう。

まず大きなメリットとしては、

先ほどの無料ブログの大きなデメリットであった

管理者側の意向でいきなり削除されるという心配が
ありません。

自分で購入したドメインを使い、自分で借りた
サーバーを使っているからですね。

いきなり削除されるという心配にビクビクする必要が
無いために、どんどん記事を更新していくことが
出来るわけです。

また記事を書いていけばいくほどに
徐々にブログが強くなっていき、

次第にアクセスが集まるようになります。

実際に運営をしていくと分かるのですが、
1ヶ月目、2ヶ月目、3ヶ月目という感じで
どんどんドメインが強くなっていき、

アクセスを集めやすくなります。

そして程なくして無料ブログよりも上位表示
されるようになりますので、

中長期的に見ると、オリジナルブログを運営
する方が断然有利なわけですね。

また、無料ブログよりもデザインの幅が圧倒的に
広いので、独自のデザインをすることにより、
他のブログとの差別化をし易いというのも
メリットの一つであると思います。

では、デメリットはいかがでしょうか。

デメリットとしては、初期の頃は先ほど無料ブログで
ご紹介した、

「インデックス=検索エンジンに認識されること」

が無料ブログよりもオリジナルブログの方が
遅いです。

その為に今アップした記事がインターネット上に
表示されるまでに、

1〜2日かかってしまう

ということも初期の頃はあります。

「え、それじゃぁダメじゃん!」

そう思われるかも知れませんが、
ご安心下さい。

この障壁をする方法も後ほどご紹介致します。

この方法を使えば、

立ち上げたばかりのブログでも十分にアクセスを
集めることが可能です。

というかこの技を無くしては、
初月で14万なんて稼ぐことは
不可能ですから!

スクリーンショット 2015-07-24 18.17.11

もう一つデメリットとしては、
初期費用が掛かる

というものがございます。

一応ドメインを自分で取り、サーバーも自分で選び
サーバー代も払う必要が出るので、お金はどうしても
必要になるわけです。

ただ、最初から何万も掛かるとか言うことではなくて、
ドメインなんて安いもので、

年間180円〜1000円程度のもの

また、サーバー代についても、
過去には初期費用として何万円も
必要な時代もあったらしいですが、

現在は非常に安いサーバーのサービスを
利用することが出来るようになりました。

私が一年半前から一貫して使い続けている
サーバーサービスが、

「wpx クラウド」

というサービスです。

このサービスは本当に私大好きでして、

アクセスに応じてプランを選択することが
可能となっています。

最初のグレードとなっている「グレードA」となると、
月額525円
というとんでもなく安い金額で始めることが
可能となっています。

勿論段階に応じでこのグレードを上げていきますが、
月収10万円とかを達成する段階においても

初期設定であるグレードAでも何ら問題ありません。

ですのでドメイン代1000円くらいと、
wpXのサーバー代が525円程度。

合計で1500円程度あればブログを始めることが
可能なわけですね。

さらに補足をさせて頂くと、この「wpx クラウド」という
サービスなんですが、

WordPressに特化している

という非常に大きな利点があります。

このWordpressですが、Googleの検索エンジンを
開発する部門の1人である、

マット・カッツ氏

という人物が、

WordPressは、Google検索におけるSEOに効果がある

ということを公認しています。

※SEOとは・・・検索エンジン最適化のことで、検索エンジン上で、
上位に自分のサイトを表示させる技術(手法)のことです。

自分のサイトが、上位に表示されることで、
検索エンジンから多数のアクセスを集めることが目的となります。

このことからもこのwpxで運営しているブログが
運営を続けていくごとにどんどんアクセスが
集まるようになっていく理由がお分かりかと思います。

以上の理由から、トレンドブログを運営する場合には、

無料よりも有料でオリジナルブログを最初から
取り組んだほうが良い

というわけですね!

最初はドメインを取ったり、サーバーを
借りたりと非常に面倒くさい作業を
強いられますが、

慣れてくれば私のようにすべての作業を
2時間以内に終わらせることも可能です。

ということで是非ともこれを機会に
wordpressデビューを飾られては
いかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">