よしもと∞ホールで芸人さんの熱を浴びてきた

本田です。

今日は先日よしもとのライブに行ってきたので
その時に感じたことの話をしたいと思います。

僕のコンサル生で24歳の子がいるんですが、
彼が会社を辞めて実家に帰るということで、

「じゃぁ、実家帰る前によしもと行こう」

ということで急遽渋谷の∞(無限大)ホールで
よしもとのライブを見にいくことになりました。

ちなみに

「なぜよしもと?」

というところですが、

完全に思いつき

でした。

僕はそれまでお笑いのライブというものを
そもそも見たことがありませんでした。

でも多分思いつきで見にいくくらいでしたので、
何か引き寄せられるものがあったのかも知れません。

よしもとの若手芸人たちのサバイバル。

なんか若手の芸人さんのビシビシ来るエネルギーを
感じたかったんだろうと思います。

実際に行った「無限大」という場所はよしもとの若手の
芸人さんがライブをするところでチケット代も1500円。

それで20組もの芸人さんのネタを見ることができるのだから
格安としか言いようがありません。

コンサル生と合流し、いざ会場に到着するとまず驚いたのが、

出入り口で三ちゃんがチケット売ってた

ことでした。

三ちゃんと聞いてピンと来ない方のために
説明させていただきますと、

三ちゃんとは過去に「めちゃイケ」という人気の
バラエティ番組の新メンバーオーディションに

「岡村の大ファンという理由だけで」

素人ながら採用され、2010年から2016年まで
めちゃイケのレギュラーとして活躍をしていた人である。

こんな感じの人だ。

sukusho 2017-03-13 21.43.14

その三ちゃんが去年の2月ごろにめちゃイケを
実質「クビ」になったことは風の噂で聞いていたのですが、
どうやらそこからお笑い芸人となったらしく。。。

今は超若手の芸人としてライブチケットのもぎりを
会場前でやっていたというわけです。

めちゃイケもそんなに見ていたわけでもなかったですが、
そんな僕でもそのルックスには見覚えがあり思わず、

「三ちゃんも頑張ってるんですね〜」

と声を掛けちゃいましたよ。

そしたら

「はい、頑張らせてもらってます^^
よければチケット買ってください!」

と売り込みまでされちゃいましたよ。

一度は全国ネットで活躍していた人がこうして
身近で普通にチケットのもぎりをしている姿を
見るとなかなか感慨深いものがありましたね。

と同時に自分も頑張ろうと思いましたよね〜

まさにサバイバル

三ちゃんとの遭遇はさておき。
初のお笑いライブではやる気持ちを胸に会場に
入ってみてまず驚いたこと。

観客の9割女性

しかも美女揃い

これには驚きました。

よく「芸人さんはモテる」という話を聞きますが、
一目で納得をさせられるその光景。

多分根本的に女性という生き物の中で「笑い」というものを
特別大好きという遺伝子が埋め込まれているのではないか?

そう感じるほど圧倒的な女性比率でした。

芸人さんが羨ましい・・・

そうして幕を開けたお笑いライブ。

今回のライブは普通のライブではななくて
よしもとの若手芸人さんがピラミッド状に
階層分けされていて、

下から「トライアルクラス」「サードクラス」
「セカンドクラス」「ファーストクラス」
という感じでどんどんランクが上がっていく
システム。

スクリーンショット 2017-03-13 21.59.28

(引用元:http://www.yoshimoto.co.jp/mugendai/rs.php/)

まさに若手芸人さんたちのサバイバルですが、
この中のセカンドクラス40組のうちの
20組が見れるというものでした。

しかもあらかじめ投票用紙が渡され、
その20組のうちから特によかった5組に
チェックを入れるように指示をされます。

その観客の投票がこのクラスの入れ替えにも
直接影響してくるもので、セカンドからサードに
転落する芸人さんももちろんいるわけです。

むちゃくちゃシビア。。。

でもさすがセカンドクラスの芸人さんたちでしたので、
どの芸人さんも本当に面白かったですね^^

中には腹を抱えて笑わせられた芸人さんもいましたね〜

テレビでも見たことがあるような人もいて、
レベルの高さを感じました。

一時期「ラッスンゴレライ」で大ブレイクした
あのコンビがセカンドクラスにいたのを見て
芸人の世界の厳しさを垣間見た気持ちでした。

でもすごいアットホーム感

そんな芸人サバイバルのど真ん中にあって
しかも若手で一番バチバチしてるところに
足を踏み入れてしまったんですが、

意外や意外、会場は終始アットホームでした。

特に芸人さんの全てのネタが終わってから一斉に
ステージ上に集合して仲良く話しながら告知とか
する時間があったんですが、

そこからは

来てくれたみんなを楽しませよう

というサービス精神が垣間見得たりして、
ちょくちょく前に出て来て面白いことをするんですが、
誰一人滑ることもなく会場中を笑わせていく。。

これは一度見ないと絶対にわからないと思いますが、
とにかく

「全員でお笑い界全体を盛り上げていこう」

という雰囲気を感じたんですね。

もちろん裏では

「あいつらには絶対負けたくない」
「あいつより俺の方が絶対面白い」

といった感情は必ずあると思います。

でもそれが一切お客さんの前では出ない。

そんな個々人の気持ちよりも、

「来てくれたお客さんにまた来てもらえるように
全力で楽しませようとする」

そうやってお互いがお互いのいいところを見せながら、
会場全体を明るくしているように感じました。

「お笑いブームは終わった」

とも言われている昨今ですが、
そんな中でも来てくれたお客さん楽しんで
もらうことでお笑いのパイそのものが広がります。

これを個人個人の芸人が

「俺が一番だ」

という気持ち(もちろんあるでしょうが)が
一人歩きするような状況だったら見ている側にも
それは伝わってしまうでしょう。

そうではなく、来てくれた人を楽しませる

そうやってお笑い界そのものの市場を大きくして
芸人一同でも盛り上げようという雰囲気を感じました。

これって僕が現在身を置いているネットビジネスの
世界でも同じだなと感じました。

一人が売り上げばかりを優先し、適当なコンサルとか
をすることで全体のイメージが悪くなります。

特に「ネットビジネスってどんなんだろ?」と
お試し程度に入って来た人が詐欺的な被害に遭い、

「ネットビジネスには二度と関わらない」

と感じてしまうとそれだけ市場を狭くさせて
しまうわけですね。

幸い僕の企画には初心者の方も多く参加されます。
その方達にすこしでもネットで稼ぐことの可能性を
感じて欲しいと思いますし、

芸人さんたちのように自分の取り組み方次第で
ネットビジネスの市場全体が広がるのか縮まるのか
も決まるのではと考えました。

もちろん時代的な流れもあって拡大する方向に
向かっていると感じますけど、

あくまで僕の個人レベルの認識としては一人
一人の生徒さんと向き合い、各生徒さんの
ポテンシャルを最大限引き出してあげて、
結果を出させてあげることで

それが市場全体を活性化させることにも
繋がるんだろうなぁと感じましたね。

今回はそういう面ですごく学べたし、
やっぱ若手芸人さんのパワーはすごいです。

頑張ろう!!

と思いましたよね。

またどんどん通って彼らのエネルギーを
自分のビジネスに活かせたらと思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">