結果を出す人は共通して〇〇を作るのが上手い!

僕はこれまで何回か
コンサル企画を行ってきました。

その中で多くの実績者が出ました。

そんな彼らを指導する内に

「結果を出す人の共通項」

が見えてきました。

それは別に彼らが特別優秀というわけでもなく、
特別パソコンのスキルがあるというわけでもありません。

それって何か気になりませんか?

考えてみてください。

・・・・

・・・

・・

いかがでしょうか??

結果を出す彼らの共通項。

それは、

「僕と共有する時間の多さ」

でした。

僕と「接点」を作るのが
非常に上手かったんですね。

例えば僕のコンサル企画では

「ネタ、タイトル添削」

というものをつけています。

ブログでアクセスを集める為に
必要な「ネタ選定」を徹底的に
磨いていただくもので、

各々がネタを見つけてきて、
キーワードを選び、
タイトルを作って、
僕に添削を出してもらう

というサービスです。

これを繰り返すことで
ネタ選定やタイトル作成スキルを
磨いてもらうわけですが、

結果を出していった人は
僕とのやりとりを徹底的に行い、
僕を使い倒してくれていました。

添削依頼以外にも
爆発報告や気づいたこと、
音声依頼など

積極的にアウトプットする人ほど
僕との接点を増やしながら、
結果を出していきました。

中には毎朝

「おはようございます」

と送ってくる人もいました笑

でもそうやって僕とつながる時間を
増やしてもらってる人は
自ずと添削依頼の回数も増え、

当然僕とネタ選定の考え方や
感覚が徐々に近づいてきて、

アクセスも集められるようになり、
実力をメキメキ付けていきました。

反対に 

僕とのやりとりが少ない人、
添削依頼が少ない人はなかなか
思うように報酬を伸ばしていけて
いないようでした。

疎遠になることは論外ですが、

たまにやりとりするくらいだと
せっかく企画に参加しているのに
その効果を十分に得ることはできません^^;

よくあるのが

「本田さん忙しそうなので・・」

と言って質問や僕との接点を
作るのを遠慮される方。

これをやってしまうと企画の
効果が圧倒的に薄れてしまいます!

僕の企画ではこの辺の遠慮は禁物です!

逆に遠慮をされてなかなか成長をしてもらえず、
足踏み状態になられる方が困ってしまうんですね^^;

これは何も僕だけじゃなくて、
もしあなたが誰かの企画に参加する時には
絶対に遠慮しちゃいけませんからね!!

企画に参加する場合、
誰かに習う場合には遠慮は禁物です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">