美味い店

帯広の「ぶたはげ」の弁当が衝撃的に美味かったのでレビューします。

先日札幌に出張に行ってきました。

そしてその流れで帯広のコンサル生のところに面談に行ってきました。

札幌から帯広までは「スーパーとかち」という特急に乗って2時間半ほどで到着します。

実はこの日は札幌までとんぼ帰りしたんので5時間は電車に揺られていたことになります。

帯広は今回で2回目でした。帯広に行く際には毎回名物の豚丼を食べるのが楽しみになっていて、

今回もちょっと変わった形で豚丼を食べてきました!!

今回おはそのレビュー記事になります。

ぶたはげを買う経緯・・・

今回帯広のコンサル生と面談を果たし、朝の10時半頃に合流。

ただ、帰りの特急もすでに取っていて、その時間が13時半。

帯広の滞在時間はわずかに3時間という超絶弾丸ツアーでした。

コンサル生の方とはガッツリと今の仕事の話や今後の話などをヒアリングし、時間はあっという間に過ぎていきました。すっかり話に夢中になってしまい、気がついたら時間は13時前。

そこで「あ、豚丼食べてない」と気づきました。

でもここから帯広でも有名な豚丼のお店に行くのには車で10分ほど走らないといけません。

「試しに行ってみますか」ということになり車を運転してもらい走っていたところ、

信号待ちなどしているとあれよあれよと時間が過ぎていき、13時10分に。。

ここから豚丼をオーダーして実際に来て、食べて、駅に向かって・・・

なんてことをしていたらどう考えても電車に間に合わない!!

予約済みの特急券は時間変更ができないものでしたので、何としても遅れるわけにはいきません。

「引き返しますか・・・」

という話になり再び帯広駅の方に引き返していきます。

車を降ろしてもらったのが13時20分。

そこでコンサル生の方とは別れを告げ、でもお腹が空いている・・・

ということで駅の構内をも回ってみることに・・・

駅構内に「ぶたはげ」を発見! 

駅構内を回っているとなんと豚丼の専門店を発見!!

それが今回ご紹介する「ぶたはげ」でした。

ぶたはげは、お店で食べる場所とお弁当とふた通りの販売の仕方をされていて、

迷わず弁当の窓口で注文をすることに。

ご飯を大盛りにしてもらい、オーダーを済ませると13時25分。

残り5分でホームに行かなくてはなりません。

お金を払った段階で聞いてみました。

「何分でできますか!?」

すると

「お肉を焼くので5分くらいです」

いやいやいや、それじゃ間に合わないです。

「あ、じゃぁ結構です!」

と一度言ったところ、

「頑張って3分でお渡しします」

と言いました。

マジか!そんなことができるのか・・・!

ということで実際に28分に手渡されます。

この時に対応してくれた店員の方、ありがとうございました。

多分相当無理されたかと思います。

たっぷりとご飯と豚丼が入った弁当箱を持ち、ダッシュでホームに向かう階段を駆け上がっていきます。

なんとかギリギリ電車の方に乗ることができました。

車内で実食!!

そして車内で実食です。

まず驚いたんですが、この容器がすごくて全然外にお肉のニオイが漏れてきません。

変わった箱使っているのでしょうか??

そこに驚きました。

では、いよいよオープンします。

じゃーん。

肉厚なお肉にソースが掛かり、ホッカホカのご飯。

これ、絶対にうまいやつですよね笑

そして肉を一切れとり、実際に口の中に入れてみると、肉汁が口中に染み渡り、お肉も驚くほどに柔らかい。

そしてご飯です。豚丼のご飯にマッチした程よい柔らかさのご飯でしっかりと豚肉を包み込んでいきます。

この弁当ご飯大盛りにして1200円でした。

駅弁って考えるとまぁまぁな値段だと思います。

でも値段相応の価値を感じることができました。

めっちゃくちゃ美味いです。

思いっきりガツガツ食べていたら5分くらいで平らげてしまいました。

あんなにオーダーするときはせかせかしていたのに、自分が食べるとなるとあまりにもうまくて

もっとせかせかしてしまいました。

ぶたはげのアクセス

「ぶたはげ」って悪口のようにしか聞こえないですが苦笑

でも味は本物だったし、今度は絶対に店内で食べたいなって思いましたね。

いい帯広の思い出になりました。

よく「あの時時間が無かったけど急いで食べた〇〇がめっちゃ美味しかった」

言いますが、こういうふとした時に名店に出くわすものです。

ぶたはげのアクセスをご紹介しておきます。

もし帯広に立ち寄った際には是非ご賞味あれ!!