トレンドブログでの関連キーワードと連想キーワードの使い方!

ブログ、サイト運営で重要なスキルである
「キーワード選定」

このキーワード選定なんですが、

実は2種類あります。

「関連キーワード」と言うものと
「連想キーワード」と言うもの。

この両方のキーワード選定方法なんですが、
性質は若干異なっており、ケースバイケースで
使い分けるという感じで使っています。

両方共非常に重要な選定のスキルなのですが、
特に「連想キーワード」の方は身につけると、

ライバル不在のキーワードを選び取る力が身につき、
爆発的なアクセスを集めることが可能となります。

今回はそれぞれのキーワード選定をご紹介し、
臨機応変にどちらの選定法でもキーワードを
抽出出来るようになりましょう。

関連キーワードとは?

スクリーンショット 2015-09-06 10.50.38

まず、

関連キーワード

についてご紹介したいと思います。

関連キーワードというのは、端的に言ってしまうと
GoogleやYahoo!の検索画面でメインキーワードを
入力した時に、検索窓の下(Yahoo!)、
若しくは一番下(Google)に設置されている
ワードです。

例えば今話題の

「堀北真希」

で検索を掛けたとしますね。

するとYahoo!ではこのような画面が
表示されます。

スクリーンショット 2015-09-05 22.40.33

そして関連キーワードというのは、
この部分になります。

スクリーンショット 2015-09-05 22.40.33

検索窓の下の虫眼鏡のマークの部分。
ここが「関連キーワード」ってやつです。

この関連キーワードなんですが、メインのキーワードに
対して同時に検索をかけられた数が一定数ある場合に
こちらに表示をされます。

つまり

関連キーワード=よく検索をされているキーワード

ということになります。

例えば最近堀北真希さんが結婚をされましたが、
この場合

「堀北真希」

というキーワードがむちゃくちゃ検索をされます。

そこからやはりこの検索窓の下にある関連キーワードが
結構気になるわけですね。

ここの関連キーワードでは

「引退」
「櫻井翔」
「画像」
「本名」

このようなワードが並んでいますが、
「堀北真希」というキーワードの検索数が
上がることで、こちらの関連キーワードも
同時に検索される数は増えます。

ですので、基本的にはメインキーワードの
ネタ選定が完了し、サブキーワードを選ぶ
段階になったとしたら、

この関連キーワードをまず見ることに
なります。

ただ、堀北真希さんの場合は既に相当な
有名人の方ですので、

関連キーワードもライバルが
ひしめいています。

そんなに有名じゃない方。
無名の芸能人とかだったら関連キーワードで
ガラ空きの場合も多いのですが、

このクラスになるとさすがにライバルが
多いです。

ドメインが育ってからならこの辺の強力な
ライバルとも勝負出来るかも知れませんが、

やっぱ初期の段階でこの辺りと勝負するのは
得策ではありません。

ただ、同じ「堀北真希」のキーワードでも
十分にアクセスを集めることが出来る、
その方法が次にご紹介する

「連想キーワード」

というものです。

連想キーワードを使えば強力なライバルにも勝てる!

それでは連想キーワードについて
解説をしていきます。

先程は関連キーワードについて
解説してきました。

関連キーワードは目に見えるものでしたが、
連想キーワードは、

目に見えないキーワードです。

どういうことか。

例えば、またまた堀北真希さんを参考に
ご紹介をさせていただきますが、

今回堀北真希さんが結婚をされましたが、
先ほど御覧頂いたように関連キーワード
はライバルでいっぱいでした。

立ち上げたばかりのブログの場合、
どうもこのライバル達に対向するのは
無謀な挑戦です。

しかし、堀北真希さんが結婚をしたことで、
既に出ている関連キーワードとは別に

堀北真希さんの結婚にちなんだキーワードが
検索をされるというのは考えられないでしょうか?

例えば、今回の例で堀北真希さんが結婚をしたとして、

・妊娠はしていないのか?
・デキ婚ではないのか?
・結婚相手は誰なのか?
・交際期間はどれくらいか
(今回山本耕史との交際期間が0日ということで
話題になっていたため)

などのことも考えられると思います。

キーワードにすると、

「妊娠」
「デキ婚」
「結婚相手」
「交際期間」

ですね。

これらのワードって、堀北真希さんが結婚をした
という報道が流れる前には絶対に誰も気にならないし、
検索をしないであろうキーワードだと思います。

しかし、今回の結婚を受けて初めて検索を
掛けられるであろうキーワードですよね。

恐らくこの報道が流れた時に
いち早く上記のキーワードで
記事を書いた方は爆発の恩恵を
授かったのではないかと思います。

そしてポイントなんですが、

これまで堀北真希さんの関連キーワードで
上位表示されていたような強力なライバル
達なんですが、

こういう連想キーワードを敢えて狙おう
なんてことはしません。

彼らはそんなことをしなくても
ドメインが強くなっているので
黙っていてもアクセスを集める
ことができるからですね。

要は連想キーワードを狙うというのは、
弱者の戦略

ということになります。

スクリーンショット 2015-09-06 10.53.43

この画像の引用元

でも、いいじゃないですか。
最初はどんな人でも弱いもの。

段々と力をつけていけばいいんです。

その為にもまずは関連キーワード
のみならず、連想キーワードを
ドンドン狙ってみる。

「堀北真希」

と言ったビッグキーワードほど
狙ってみても面白いでしょう。

この感覚を磨けるようになると
すぐにアドセンスで稼ぐことが
可能となります。

終わりに

関連キーワードは基本だが、
差ライバルにつけるなら、
連想キーワードのネタの狙い方を
身につけましょう!

ということで今回の記事は以上となります!

ちょっと複雑な部分もあったかと思うので、
疑問の際はいくらでもお聞き下さい!

ではでは・・・


P・S

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

僕の記事内容に少しでも共感 いただければ嬉しいです^^

最近、メール講座の方を始めました♪
こちらの講座では、僕が40記事という

少ない記事数で14万円稼いだノウハウを、

誰にでも再現できるように体系化して

まとめた内容をご紹介しています。


また、メール講座用の参考書として、

「たった40記事で14万円稼いだ参考書」

という教科書をプレゼント中です♪

400Pという圧倒的なボリュームで、 僕の稼ぎの手法を余すところ無く

あり得ないほど細かく公開しています。

少しでも早く稼いで結果が欲しい方は

是非お受取り下さい^^

完全無料のプレゼントはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ