Jetpackとワードプレスの連携が出来ない時の対処法!アクセス制限って何?

スクリーンショット 2015-09-11 23.22.33

今回は私のワードプレスで最近発生した
不具合についてご紹介します。

ワードプレスでアクセスの統計情報を
チェックできるプラグインで

Jetpack

という非常に便利なプラグインがあります。

もう便利すぎて開発者の方と結婚したいくらい
便利なプラグインなんですが、

最近立ち上げたブログでこのプラグインを
導入しようとしたところ、

ワードプレスと連携が出来ないという
不具合が発生しました。

しかもアクセス制限がどうたらとか
難しい用語が並んでいて、ウェブに
疎い私はバタンキューです。

ということで、ネットの力を借りて
この不具合を解消した方法をご紹介
したいと思いますよん=

Jetpackの反抗期!アクセス制限ってなんぞね??

さて、ある日この便利なプラグイン、
Jetpackを導入しようとワードプレスと
連携を計ってみたんですね。

いつもどおりまぁさらっと出来るだろうと
特に何も考えずにいたのですが、

ワードプレスのダッシュボードで

「連携する」

というボタンを押したところ、

こんなメッセージが。。。

スクリーンショット 2015-09-11 23.22.33

これ、何回も画面右下の「連携する」ボタンを
クリックしたのですが、それでもこの画面が
変わらないんですね。

なんど押してもこの画面。

メッセージをよく見てみると、

Jetpack を利用するには、サイトが公開されていて、
アクセス制限がかかっていない必要があります。

ここで提示されている条件として、

1、サイトが公開されていること
2,アクセス制限がかかっていないこと

この2つの条件が提示されています。

って言ってもサイトは公開されているし、
アクセス制限を掛けた覚えなどありません。

「こいつは一体何を言っているんだ?」

どんどんIT技術が発達しているという
昨今ですが、コンピュータの方も
いよいよ最先端に進化しすぎて、
「認知症」
というものまで再現するように
なってしまったのでしょうか。

確かに僕の使っているMacbook airは
かれこれ3年以上使っていますので、

人間で言えば認知症が発症しても
不思議ではないご老体なのかも。

と、冗談はこのくらいにしてと。

このままではアクセス情報を知ることが
出来ずに不便をきたしてしまいますので、

早速解決方法についてご紹介を
していきたいと思いますね。

実はむちゃくちゃ簡単だった!

今回この謎の連携不具合が起きていたわけですが、
実際同じような症状が発症しているケースが多々
ネット上でも見受けられました。

まさに新種のウィルスが集団感染しているかの
ように、みんな同じことに躓かれていたらしく、
解決方法も容易に見つけることが出来ました。

その解決方法なんですが、

まず、wpXサーバーをご利用されている方の
対処法についてご紹介します。

wpXのサーバーの管理画面に入っていただき、
【管理ツールの国外IPアクセス制限】
をクリックして下さい。

スクリーンショット 2015-09-11 23.55.39

すると、【XML-RPC API アクセス制限】
という画面が表示をされます。

この中の

【XML-RPC APIアクセス制限を無効化する(確認)】

をクリックしてください。

スクリーンショット 2015-09-11 23.58.22

すると、【XML-RPC APIアクセス制限を無効化する(確定)】
というボタンが表示されるので、これをクリックします。

スクリーンショット 2015-09-12 0.00.47

これで完了となります。

【サイトのジャンプスタートに成功しました】

というメッセージが表示されれば完了です。

スクリーンショット 2015-09-12 0.03.30

今回はwpXクラウドのサーバーを例に
解説をさせていただきましたが、

Xサーバーをご利用されている方の場合、
最初の管理画面で、

【WordPressセキュリティ設定】

を選択することで、同じように
【XML-RPC API アクセス制限】
というものが表示されます。

これを
「OFFにする」
と設定をすることで完了となります。

このようにたまにワードプレスとプラグインとの間で
トラブルが発生することがありますが、調べてみると
案外解決方法もすぐに出てきたりして便利ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">