「URLにはパスやサブドメインを使用できません」とアドセンスの審査で出た時の対処法!

アドセンスの審査の方も2年前とは少しずつ
変わってきているらしく、所々変わっている
部分があるようです。

よくアドセンスの審査に関する質問も
受けるのですが、よくわからない部分が
多く、せっかく

「よし!稼ごう!」

と思ってアドセンスの審査をしたところ
なかなか前に進めずに地団駄を踏んでる
方も多いみたいです。

今回なんですがあるアドセンス審査で悩まれている
方から、

「URLにはパスやサブドメインを使用できません」

というメッセージが出て、どうすることも出来ない
という相談が届きました。

この事について僕なりに調べてみた範囲で
お答えしたいと思います。

今までは無料ブログで良かったが・・・

アドセンスで稼いで行こうという時に
僕は一貫して独自ドメインを取って、

ワードプレスを立ち上げてブログ記事を
更新していってもらうことをお勧めしています。

無料ブログだとサーバー側の都合で
理不尽にアカウントを削除されたり
するリスクがあるからです。

ただ、初期の頃にアドセンスの審査の申請を
する時には無料ブログでの申請を推奨して
来ました。

その理由はワードプレスの場合初期の頃は
どうしてもその操作に慣れず、

立ち上げから審査用の広告を
貼るまでに時間が掛かります。

その一方、無料ブログだとものの数分で
アカウントを取得し、ブログを開始でき、
広告を貼るのもかなり早いです。

アドセンスの審査は場合によっては1週間
とか掛かることもありますので、出来るだけ
早く申請を出来た方が稼ぎがその分早くなります。

ですのでアドセンスの審査の際には
無料ブログでの申請をおすすめしてきました。

URLにはパスやサブドメインを使用できません

最近寄せられてくるご相談でちょくちょく
目にするのが、無料ブログで言われた通り
アドセンスの申請をしたところ、

「URLにはパスやサブドメインを使用できません」

というメッセージが表示されるという
問題でした。

これ、一体何が原因なのか?

海外では既に無料ブログでの申請は出来ない事に!?

このことは今回調べてみて初めて
分かったことなのですが、

現在、日本ではアドセンスの申請の際には
無料ブログでの申請は認められています

ただ、海外に目を向けると既に申請の際に無料ブログ
を使用することは不可能となっており、

もし無料ブログで申請をしようとすると、先ほどの
メッセージが表示されるようになっているみたいです。

考えてみるとアドセンスの審査も初期の頃は
1次審査だけで済んでいました。

しかしどんどん新規の参入者が増えてきて、
アドセンス側としてもいい加減なユーザーには
広告を使用させられないということで、

審査を現在の2次審査制に変更したようです。

この流れは常にアメリカを始めとした
海外が先に来ているらしく、

おそらくそう時間が掛からいない内に
日本にこの流れは波及してくるでしょう。

広告の質の低下を防ぐためには
企業としてはやむを得ないこと
なのだと思います。

対策法としては??

もしあなたの審査の時に

URLにはパスやサブドメインを使用できません

というメッセージが届いた場合
どうすれば良いのか?

残念ながらおそらく他の無料ブログを
使用したりしても通るのは難しいと
思います。

一応は一通り審査の申請をしてみたりして、
確認するのは良いと思いますが、

その場合は早めに見切りをつけて、
独自ドメインを取ってワードプレスで
稼ぐ方が賢明だと思います

ワードプレスでアドセンスを運営した方が
無料ブログのように突然アカウントを削除
されることも無いでしょうし、

SEO的にも運営時期が長くなるほど
ドメインが強くなり、上位表示が
しやすくなります。

僕のメール講座ではワードプレスを使って
初月からでも5万、10万と稼ぎ出す方法を
ご紹介しています。

もし本気で稼ぎたいと思われたのならば、
以下のメール登録フォームからご登録下さい。

↓↓↓↓↓↓↓ 【以下登録フォーム】↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">