Seesaa(シーサー)ブログにアドセンス広告を設置する方法!

スクリーンショット 2016-02-05 21.07.17

最近アドセンスの審査について
よく質問を受けるのですが、

審査用のブログということで
無料ブログサービスのSeesaaブログ
を利用しようとされている方が
多いようです。

今回この記事では簡単にではありますが、
Seesaaブログでアドセンス広告を
挿入する方法

をご紹介します。

Seesaaブログの広告設置手順!

スクリーンショット 2016-02-05 21.07.17

今回この記事ではSeesaaブログの
広告設置の手順をご紹介致します。

まずは広告挿入の手順をご紹介します。

以下になります。

① 元から設置されている広告の非表示設定
② 広告の挿入

という流れになります。

Seesaaブログでは予めブログ本体に
アドセンス広告が設置されています。

しかしその設定のまま自身の広告を
設置しようとすると、アドセンスの
広告掲載上限数を超えてしまい、

自分の広告が表示されなくなってしまいます。

(審査用でも同様です)

なので最初は元から設定されている
広告を非表示にするところから
スタートします。

ちなみにその手順については別途ブログ記事に
まとめてありますので、こちらをご確認下さい。

以下をクリックすると記事に飛びます。

Seesaa(シーサー)ブログの広告を非表示にする方法

この記事では①の非表示設定を完了したものと見て、
広告の挿入方法をご紹介いたします。

改行タグの自動挿入機能を「設定しない」に変更

Seesaaブログで広告を設置する際に
予め設定を変更しておく箇所があります。

その箇所とは、
「改行タグの自動挿入機能」です。

一体なんぞや??

と思われるかも知れませんが、
この機能は本文の記事投稿エリアの中で
文字を入力した際に、

その改行をそのまま自動で
タグに
置き換えて、ページを挿入するかどうかを
設定するものです。

簡単に言うと、文章入力の際に改行を
した場合、
タグを自動で入れるか
どうかの設定ができるということです。

これ、普通に文章を入力する際には
別に問題は無いのですが、

アドセンスの広告を入力する際に
困ったことになります。

ご存じのようにアドセンスコードは
「HTMLコード」
により作られています。

そしてもし改行タグが自動で挿入される
設定にしてしまったままで広告を
設置したとすると、

広告コードのあらゆる箇所にが
挿入されてしまい、アドセンスが正常に
動作しなくなってしまうのです。

ですのでまずはこの改行タグ自動挿入機能を
「設定しない」にします。

その手順は、まずSeesaaブログの
トップ画面の中の【設定】をクリック。

スクリーンショット 2016-02-12 13.26.15

そして設定画面から【記事設定】をクリックします。

スクリーンショット 2016-02-12 13.28.44

記事設定画面の中の
【改行HTMLタグ変換】
の部分で【改行を
タグに変換しない】に
クリックします。

スクリーンショット 2016-02-12 13.31.14

そしてページ下部の【保存】をクリック
することで、設定は完了となります。

アドセンスコードの挿入方法!

Seesaaブログにアドセンスコードを
設定するためには、記事の本文内に
アドセンスコードを挿入する場合と、

ヘッダー、記事の下、サイドバー等に
広告を挿入する場合とで方法が違います。

① 記事本文内に広告コードを設置するには?

まず記事の本文内に広告を設置する方法です。
こちらは非常にシンプルで、記事の投稿画面に
そのままアドセンスコードを貼るだけです。

スクリーンショット 2016-02-12 13.41.19

自動でコードが変換され、広告コードが
表示されます。

この場合は記事の投稿の際に毎回
任意の場所に広告を設置する必要が
あります。

記事下、サイドバーに広告を挿入する方法!

次に記事下やサイドバーに広告を挿入する方法です。

この部分は毎回記事投稿する際に広告を
貼り付けるわけにはいかないので、

予めデフォルトで広告が配置されるように
しておきます。

まず、Seesaaブログの管理画面の中で
「デザイン」をクリックします。
スクリーンショット 2016-02-12 13.45.19

すると【デザイン一覧】という画面が
表示されますので、

【コンテンツ】をクリックします。
スクリーンショット 2016-02-12 13.46.41

すると以下の様なメニュー画面に
飛ぶことが出来ます。

スクリーンショット 2016-02-12 13.48.29

この中で左側のコンテンツ一覧の中から
【自由形式】
という項目をクリックし、

右側の【右サイドバー】の部分に
ドラッグ&ドロップをかまします。

スクリーンショット 2016-02-12 13.48.54

すると右サイドバーの項目に
「自由形式」が移動されます。

次にこの【自由形式】を編集します。

この項目の中の歯車のマークをクリックします。

スクリーンショット 2016-02-12 13.54.08

すると自由形式の項目の
編集画面に進みます。

スクリーンショット 2016-02-12 13.55.27

あとはタイトルのところに
分かりやすく

「スポンサードリンク」

と入力し、

下の空欄の部分に広告を
挿入します。

スクリーンショット 2016-02-12 13.56.46

完了したらページ下部の
【保存】
をクリックします。

スクリーンショット 2016-02-12 13.58.31

設定変更の【保存】もクリックします。

スクリーンショット 2016-02-12 14.05.00

ご自身で確認して頂き、
サイドバー部分に広告が表示
されていたら完了となります。

以上でSeesaaブログの広告の設定は
完了となります。

4 件のコメント

  • こんばんは。
    ヤフー知恵袋でお世話になっていますm(._.)m

    いろんなブログを見てSeesaaブログの記事内にアドセンス広告を設置する場合、「記事」をクリック、のち「コンテンツHTML編集」をクリック、この後からわからなくなってしまいます(=_=)

    それをしなくても、文中にアドセンス広告を載せることは出来ますか?

    • colorsky_uzuca様

      こんばんは、本田と申します。
      夜分遅くにすみませんm(__)m

      そしてお返事が遅くなり、
      申し訳ございませんでした!

      Seesaaブログの文中に広告を
      挿入する方法についてなんですが、

      記事の編集画面で記事の中の任意の
      位置に広告コードを挿入するだけで
      出来ますよ♪

      こちらの画像をご覧ください。

      http://masakame001.com/wp-content/uploads/2016/03/seesaa-adsense.png

      いかがでしょうか??

      ご連絡お待ちしております^^

  • 初めまして。
     seesaaブログを使ってアドセンスに挑戦しようとしているものです。
    こちらのサイトに書かれている方法はとても簡単で、試してみたいと思っているのですが、ほかにいくつもサイトを見て、どのサイトもいろんなタグ?ソース?を記入するという方法が載っており、管理人様が教えてくださっている方法で本当にアドセンスができているのか少し不安になってしまい、コメントさせていただきました。失礼で申し訳ありません。

    本当にタグなど入力をしなくても広告が設置できるのでしょうか?
    ご教授お願いいたします。

    • goro様

      はじめまして。
      このブログの管理人のものです。

      お返事が遅くなり申し訳ございません。

      この度はご連絡いただきありがとうございます☆

      Seesaaブログでのアドセンスコードの
      貼り方なんですが、僕自身も所有している
      Seesaaブログで試してみたところ、
      広告を表示させることが出来たので、
      間違いは無いと思います。

      もし不安であれば、まずは最初から
      Seesaaブログのシステムに組み込まれている
      アドセンスコードを削除してみて、

      表示されない事を確認されてから、
      ご自身のアドセンスコードを挿入
      してみて表示をされるかどうかを
      チェックしていただければと思います。

      ただ、Seesaaブログを含めた無料ブログの場合、
      どうしてもブログサービス側の都合である日突然
      削除されるリスクをはらんでいます。

      ですので、当方としてはWordpressでのブログ
      運営を推奨しています。

      5万、10万と本気で稼ぐつもりであれば、
      是非Wordpressでのブログに挑戦してみてください。

      参考記事の方も載せておきますので。
      http://masakame001.com/156.html

      また何か疑問などございましたら
      ご連絡下さいませ!

      では!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">