ワードプレスのブログタイトルをエクセルに出力するプラグインとは?

スクリーンショット 2016-02-13 18.47.21

WordPress(ワードプレス)で
全記事分のブログのタイトルを

エクセルにまとめて書き出すことが
出来るプラグインは無いものか??

知人からこのように相談をされた時、
言われてみればそんな事が出来れば
ものすごく便利だなぁと思いました。

ブログタイトルをエクセル等にリスト化
することで一覧として見ることが出来て、
情報の整理にも役立ちますし、

人に

「こういうタイトルで記事を書いているよ〜」

と自身のブログを紹介するときにも
使えると思います。

おそらくCSVを出力(エクスポート)する
事ができるプラグインなら出来るのでは?

そう思ってプラグインを検索してみる事に。。。。

あったど〜!

「ワードプレス タイトル エクセル」

等のキーワードで探すこと5分。
ちょうどいい感じのプラグインを
見つけることが出来ました。

その名も、

「WP All Export」

スクリーンショット 2016-02-13 18.47.21

ふむふむ、なかなかレビューも
いい感じじゃないのよぉ(●´ω`●)

このプラグインはその名前の通り、
ワードプレスのブログのタイトル、
URL等の情報を抽出し、

CSVファイルとして抜き出すことが
出来るプラグインになります!

こういうCSVをエクスポートする
プラグインは他にもいくつかあった
のですが、

途中でエラーになったり、
英語表記になっていたりと

微妙なものが多かったです。

その点この「WP All Export」は

日本語表記で、
使い方もものすごくシンプル!!

すごく便利なプラグインなので是非とも
使ってみてください!

WP All Exportのインストール手順

それでは「WP All Export」の
インストールの手順をご紹介します。

まずワードプレスのダッシュボードの中の
「プラグイン」から、
「新規追加」
をクリックします。

スクリーンショット 2016-02-13 18.52.59

すると「プラグインの追加」という画面に
進みますので、右側の「プラグインを検索」
と書かれた空欄に、

「WP All Export」

と入力をします。

スクリーンショット 2016-02-13 18.55.17

入力が完了しましたら、
決定ボタン(Enter)をクリックして下さい。

すると検索結果に

「Export WordPress data to XML/CSV」

というプラグインが表示されます。
このプラグインをインストールしますので、

「今すぐインストール」をクリック
して下さい。

スクリーンショット 2016-02-13 18.57.20

(この画面では既にインストールが完了
しています^^;)

するとインストールが始まります。

インストールが完了しましたら、

「プラグインを有効化」

という項目が出ると思うので、
そちらをクリックして有効化
して下さい。

WP All Exportの使い方!

それではいよいよこのプラグインの
使い方をご紹介いたします。

さきほどの説明でプラグインのインストールは
完了していると思います。

ダッシュボードに入ってみると、
左側のメニューバーの中の、

「設定」の下に

「All Export」

という項目が追加されているかと思います。

スクリーンショット 2016-02-13 19.02.21

こちらにカーソルを合わせてみると、
メニューが表示されます。

僕もインストール仕立てでまだ詳しく
使い方を把握していないのですが、

一応本来の使い方であるエクスポート
をしてみようと思います。

一番上の

「New Export」

をクリックしてみてください。

すると「Export to XML / CSV」と書かれた
トップ画面に進みます。

取り敢えず「Specific Post Type」に
カーソルを合わせ、下の選択項目の中の

「投稿」

をクリックして下さい。

スクリーンショット 2016-02-13 19.10.11

すると下に
「Continue to Step 2」
と表記されるのでそちらを
クリックして下さい。

スクリーンショット 2016-02-13 19.12.53

するとこのような画面に移ります。

スクリーンショット 2016-02-13 19.14.46

①のところに入力した項目が
後からCSVデータとして
出力されるということです。

現在は「ID」、「title」、「content」
の項目が入力されている状態ですが、

CSVファイルにはタイトルとブログ記事の
URLを貼りたいと思うので、
「content」は項目から除外してみます。

除外する際には、除外する項目をクリック&
ドロップで枠線の外側に持っていけば
除外することが出来ます。

スクリーンショット 2016-02-13 19.21.48

次にURLをを入力するための項目を
右側のメニューバーから追加します。

「Other」という項目の中にある、
「Permalink」という項目が
そのための項目になります。

スクリーンショット 2016-02-13 19.26.01

こちらを先ほどの枠線の中に
ドラッグ&ドロップしてきます。

スクリーンショット 2016-02-13 19.28.45

完了しましたら、

「Contenue to Step3」

をクリックします。

スクリーンショット 2016-02-13 19.30.37

次のページでは何記事分のデータを
エクスポートするのか選べるように
なっています。

希望する数字を入力しましたら、
「Confilm and Run Export」
をクリックします。

スクリーンショット 2016-02-13 19.32.16

するとCSVデータのエクスポートが
始まります。

以下の画面になったら完了です。

下の「CSV」という項目を
くりっくしたらダウンロード
出来ます。

スクリーンショット 2016-02-13 19.33.14

ダウンロードされたファイルを開封すると、
エクセルなどお使いの書き出しファイルで
データを表示することが出来ます。

終わりに

ここまでプラグインの説明をしてきましたが、
こうやって見ると便利なプラグイン多いっすね!

これからもどんどん便利なプラグインを
ご紹介させていただきます☆

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">