トレンドブログで滞在時間を増やす為の具体的な5つの方法②

さて、前回に引き続き今回も私が普段、
トレンドブログを運営するにあたり
実践している、

滞在時間を増やすために意識している
具体的な方法

をご紹介したいと思います。

前回の内容としては、

① 色分けをする
② 適度に改行を入れる

ということをお話しました。

今回は5つの具体的な方法なので、
残りの3つをご紹介したいと思います。

③ 自分の考えや感情をしっかりと表現する

28c2e23afbb00b05547cbe7695acd023_s

インターネット上でせっかく見つけたページが
例えばwikipediaの引用が大部分のページで
あったり、

巷に流れている情報と何ら変わらない
面白くもないページだとユーザーは
それをすぐに見抜き、そしてページを
離れてしまうでしょう。

そこで重要なことは、

書き手の自分の考えや感情を入れる

ということだと思うんですね。

たとえ同じ情報に触れたとしても、
受け取る側の知識や経験の質や量、

それまでの生活環境などで
考え方や感じ方は変わるもの

というのが私の意見としてあります。

例えばある事柄について書いているとして、
その事柄について、

・なぜそうなったと思うか?
・ということはどういうことだろうか?
・そしてこれからどうなることが予想できるか?

と言った感じで想像を飛躍させていき、
考えを巡らせていきます。

そしてこれらの事柄について

「私はこう思う。なぜなら〇〇だから」

という感じで当たっていても間違って
いてもいいから自分の意見を述べる。

この「自分の意見」こそがそれぞれの個性や
キャラクターに通じてくるものであるし、

「面白さ」の源だったりすると思うんです。

でも第部分のサイト運営者さんの場合、
ここが抜けていて、どこかのサイトの
引用を掲載し、ちょろっとコメントを
添える、

程度のことしかしていません。

ユーザー目線から見ても、

「あぁ、これはwikiに載っている内容だ。」

とか思った瞬間に飽きられると思います。

しかしながらその書き手なりの独特な意見とか
考え方が載っていたりすると、ユーザーさんも

「お、この記事はなんか他とは違うぞ」

という風に思って読んでくれる確率が
増えていくと思うんですね。

昨今、トレンドブログを取り巻く環境は
大きく変化しており、その最たるものが

「手動ペナルティ」

だと思います。

私もこれまで何度も何度もこの手動ペナルティを
受けてきましたが、その度に

「実質のないコンテンツです」

という感じで酷評されてきました。

ペナルティについては現在も実験中ですが、
要するに自分の意見の無い薄い記事とかを書くと、
Googleさんの言う

「価値の無いコンテンツ」

ということになってしまい、ペナルティの原因にも
なることがあるわけです。

ただ、ここで上手く独自のアイデアや考え方を表現
することができれば、そうやってペナルティを受ける
確率も減るでしょうし、

ユーザーの方にきちんと記事を読んでもらい、
滞在時間を伸ばすことにもつながると思いますね。

④ 自分なりのユーモアを入れる

9f329751a3025da3022cedfe4977c736_s

これは若干③とも絡んでくる部分ではあるんですが、
自分なりの考えや感情に交えて、

自分なりのユーモア

を織り交ぜてみることで、ユーザーに
興味を持ってもらえる可能性が増える
ということです。

いくら自分なりの意見が羅列されていても、
それだけではユーザーさんは飽きてしまう
ことでしょう。

当たり前のことを当たり前に話していても
それは親の説教と一緒で聞く耳を持って
もらえないものです。

そこでうまく中和剤となってユーザーの
心の中に浸透していくテクニックとして
ユーモアを混ぜてみることで、

笑いとともにユーザーさんの余計な
緊張も解けて、記事の内容に深く
入り込んでいくのでは?

と思います。

⑤ 画像や動画などを入れて、窮屈な印象を与えない。

これはイメージしやすいと思います。
あまり多用し過ぎるとデータが重くなって
表示が遅くなってしまいますが、

文章に書いている内容を訪問者さんが
イメージしやすいように画像や映像を
挿入していますね。

動画はYoutubeだけを使っています。

画像や動画を入れるだけで
文章だけの記事よりもだいぶ
印象が良いと思います。

是非試してみましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">