今日の目の前の1記事を書かないことのリスク

本田です^^

ただいま実家の鹿児島に帰省しております。

明日は母の誕生日なので
温泉旅館に行く予定です^^

親孝行はできるうちに
やってあげたいものですね♪

三日坊主の真実

今回の記事では先ほど生徒さんと
話した時に出てきた話をしたいと思います。

僕は今のようにブログの稼ぎ方を
教えるお仕事をさせていただく前に、

自分の“パフォーマンスを上げたい”と
色々と研究をしていた期間がありました。

その時に見つけたのが、

「行動科学」

というジャンル。

文字通り人間の行動や、習慣を科学する
という割と新しいジャンルらしいんですが、

人間の行動の習慣化のプロセスの中で

「強化」

という重要なフェーズがあります。

例えば、

今まで筋トレをしたことが無かった人が
健康のために腕立て伏せを習慣にしようと、
今日から1日10回ずつ開始したとします。

1日目は無事にクリアし、
2日目も無事にクリアをしたとします。

この間に何が起きているのかというと、
自分の中に今まで無かった

「腕立て伏せをする」

という行動が自分の中で

「強化されている」

というプロセスが起きているのだそうです。

この行動の強化を繰り返していくと、
徐々にそれが「習慣」というものになり、

自分の生活の中の一部として
溶け込んでいくのだとか。

反対に、

「今日から腕立て伏せだ〜」

と言って始めたものの、

1日で

「今日は会社で疲れたし・・」

と言って辞めてしまった場合。

この時に体の中で何が起きている
のかというと、

「何かを始めようと思った時に

“疲れた”

を言い訳にしてすぐ辞める」

ことが「強化」されているのだそうです苦笑

その結果それが習慣化されてしまい・・・。

“三日坊主”

という言葉がありますが、

あれはやろうとしたことをすぐに投げ出し、
そのことが自分の中で「強化」されることで

「挫折する習慣」

がどんどん身についてしまっている
ということみたいです笑

これ、怖くないですか??

コンサル生にこの話をした時に
ゾッとしていました。

「何かやろう!」

と思って始めようとしたことを
道半ばで諦めてしまうことって

まぁ普通にあることですけど、

それを繰り返すとそれが
習慣化してしまいます。

どちらの行動を「強化」させますか?

もしあなたが副業でブログをしてて、
まだ月収10万円を稼げていない場合。

会社が忙しく夜遅くに帰ってきて、
クタクタだとします。

その瞬間に二つの選択肢が生まれます。

1、「ま、明日でいっか」と先延ばしする

2、頑張って1記事書く

先延ばしって本当に普通にしがちですが、
間違いなくそれを選ぶことで

何をやるにしても、

「先延ばしをする自分」

を強化してしまいます。

これってブログ云々抜きにして
人生を通して大きな損失に繋がります。

反対に

そこで一歩頑張ることができる人。

こちらは多少疲れていても自分の
求めるものを手に入れるために

一歩行動する自分が「強化」される
ことになります。

どちらを選ぶのもその人の人生ですが、
もしブログで人と違う結果
(月収10万円以上)

を出したいと考えているのであれば、

間違いなく2の行動を選択し、
強化をしていくべきですよね。

今までの自分と違う結果を
得ようとしているのに、

今までの自分と同じ価値観、行動基準で
違う結果を出すことなんてできない
ですからね^^;

僕のコンサル生は先月に引き続き
今月もバンバン結果を出していくと思いますが

結果を出す人は例外無く、
今までの自分にプラスして

「ちょっとした無理」

を自分に課しています。

そうやって今までの自分とは違う
結果を手に入れているんですね。

是非あなたが今までの自分と違う結果を
手に入れたいのであれば、

とにかくどんな行動を「強化」するのかを
慎重に吟味して行動してみてください。

瑣末なテクニックで結果は
そんな変わりません。

その土台を変えることで初めて
テクニックが活かされますので。

ということで今日はこの辺で!
引き続き頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">