小林快次に学ぶ落ち込んだ時やうまくいかない時の言葉!

スクリーンショット 2016-01-19 14.45.06

なかなか思うように行かない時、落ち込みがちな時の為の
処方箋をご紹介します。

僕の大好きな恐竜学者で、

小林快次さんという方がいます。
(過去にプロフェッショナル仕事の流儀でも登場しました!)

スクリーンショット 2016-01-19 14.45.06

この方が恐竜学者になるきっかけになった
小林さんの先生の言葉
がものすごく好きなのでご紹介しますね。

小林さんがまだ中学生の頃、
理科クラブの活動の一環で、
生まれて初めて化石採集に行かれたようです。

スクリーンショット 2016-01-19 14.46.46

その中で周りの友達は化石を沢山掘り出しているのに、
自分だけはなぜかいくら石を割っても、
化石が採掘出来なかったらしいです。

一度時間切れになり、

自分は一つも見つけられなかったのですが、
それがものすごく悔しかったらしく、

顧問の先生に、
「もう一度連れて行ってください」
と志願をしました。

その後同じ発掘場に戻り、必死に探しました。

腕が上がらなくなるくらいに
ハンマーを何度も何度も振って、
石を割っていたそうです。

それでも全然出てこなかったらしく、

「自分には才能が無い」

と思って、諦めかけていました。

挫けそうに鳴っていたその時、
顧問の吉澤先生が小林少年に言いました。

スクリーンショット 2016-01-19 14.49.22

「小林くん、割れば割るほど見つかる
可能性は上がりますよ」

それを聞いた小林さんはその頃から化石を発掘すること
そのものにとても情熱をかけられるようになり、
恐竜学者にまでなってしまったらしいです。

化石って膨大な量の石を割っていかないと見つからない
ものらしいんですね。

でも確かに「そこにあるもの」なわけです。
「あるもの」に向かっているわけですから、
場所と方法さえ間違っていなければ


割れば割るほど見つかる可能性は上がっている

ことになります。
ブログで言えば、儲かるネタは

「ある」。

そしてその為の行動も間違っていない。
だから、やればやるほどうまくいく方法に
近づいていっているってことになります。

結局

「勝つまでやれるか」

だと思いますね。

お互い頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">