アドセンス広告のクリックされる位置や場所について!色も変えられる!?

スクリーンショット 2016-02-10 13.56.16

苦節2年。

僕はアドセンスの研究に日夜勤しんでいる
わけですが、

その研究は毎日やっていてもどんどん
どんどん知らないことが増えてきて
嫌になる今日この頃です(笑)

最近、

「アドセンス広告でクリックされやすい
場所はどこですか?」

と言った質問をよく受けます。

常々僕はクリックされやすい場所として、

記事上、記事真ん中、記事下

この三箇所を挙げていたんですが、
もっと細かくクリック率を上げる方法が
あるみたいでした。

この記事ではそんな私の最近の研究の
成果を発表したいと思います。

クリック率を上げるいくつかの手法

スクリーンショット 2016-02-10 13.56.16

アドセンスのクリック率を上げる方法として、
いくつかの方法がありますが、ちょっと最近
しって

“なるほどな〜”

と思ったこととして、

アドセンスの広告の色を変える

というのがありました。

これは僕は知らなかったんですが、
なんでもアドセンス広告は色を
変えることが出来るらしいです。

詳しい色の変え方は別途こちらの記事を
ご覧頂くとして、

[アドセンス広告 色 変え方]

アドセンス広告を一体何色に変えれば
クリック率が上がるのかというと、

2通りのパターンが有るらしいです。

1つ目は、

サイトの色と対照的な色。

広告を際立たせることでユーザーから見ると
広告がはっきり認識出来る様になり、

そうなるとクリック率は上がる傾向にあるらしいです。

例えばベースが白ベースのサイトだったら
黒や赤の広告を入れてみると際立つでしょう。

記事を目立たせることで広告率を上げる
という作戦ですね。

もう1つは、

サイトの色と似たような色の広告を入れる

という作戦です。

これはイメージしやすいですよね。

黒を基調としたブログやHPだった場合、
広告の色も黒にすることで広告自体も
コンテンツとして認識されるようになり、

そのことでクリック率が上がるようです。

そもそもアドセンス広告の色を
変えることが出来るなんて聞いた
ことも無かったので、

なんかすぐに実践をしてみたくなりますね。

詳しい実践方法についても記事を
書いてみたのでこちらもご参考
下さい☆

効果的に広告の配置

では次のクリックされやすい広告の配置について
ご紹介致します。

と言っても、基本的には各所で言われている
記事上、記事真ん中、記事下

が鉄板だと思います。

もっと細かく言うと記事上広告は、
記事の中の

moreタグ(続きを読む)の部分

に設置しています。

大体200から300文字くらい書いた
ところにmoreタグを挿入していますが、

ここが一番クリック率が高いです。

記事の真ん中にも挿入していて、
ユーザーが記事を読み進めていく中で
必ず通過する位置に設置することで
効果があると考えられます。

具体的にはちょうど真ん中と言うよりも、

1000文字くらい進んだところ

がベターな位置でしょう。

記事下広告は一通りユーザーさんが
記事を読んで、

「さて、次は何を見ようかしら?」

と思っているところに自分の興味のある
広告が表示されていたら目に付きますよね?

ということで記事下にも設置しています。

個人的に「なるほど!」と思った配置場所

基本的には以上に紹介した3つの場所で
問題は無いのですが、今回僕がネットで
調べてみて、

「なるほど!」

と思ったのが、

“ユーザーが気になる事が書いてある
文の近くに広告を設置する”

というものです。

例えばですが、

「上戸彩 整形」

というキーワードで記事を書いていたと
しますよね?

(個人的に上戸彩が好きなので^^;)

その時にユーザーさんは「上戸彩 整形」と
検索を掛けているわけで、このキーワードで
書かれている内容を最も知りたいわけです。

なので、記事の中に

「上戸彩の整形疑惑とは?」

上戸彩の整形に関する記事

広告

「上戸彩の旦那とは?」

 

という感じでユーザーさんが気になる
キーワードが書かれている場所の近くに
広告を設置するわけです。

確かに合理的だし、人によっては
いちいち最初から記事なんて読まず、

ザーーーーっとスクロールして
知りたい位置だけを読む人も
いると思います。

そういう場合でもこの広告の貼り方を
していれば漏れ無く広告を見てもらえる
わけですね〜

プラグインなど便利なツールを使って
ただ機械的に広告を貼るだけでなくて、

こういうユーザー目線に立ち工夫をすることで、
自ずとクリック率の方も高くなっていくことでしょう。

終わりに

なんか最後に本質的な事を言っていますが、
何よりも

「ユーザー目線が大事である」

ということですね。

ユーザーの目線に立つことで、

一体何が求められているのか?

がわかると思います。

そうなるとどこに広告を挿入すれば
良いのかは自ずとわかると思います。

ここまで考えている実践者はいないと
思いますが、クリック率がほんの0.1%
でも上がればかなりでかいと思うので、

是非意識して取り組んでみましょう〜

さらに詳しくブログで稼ぐ方法を知りたい方は
こちらにご登録してみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">